CM* DEEP blue SEA ... sunset - Down

Posted by 美海 * mimi on 22.2014 CM
.recommend...with 'landscape'







______ ザ、ザーン・・・



・ ・ ・  ザブ、ザブッ、ザブッ . . .



今、暮れゆく・・・



赤く染まる雲の間から・・・

色を変えた太陽が沈みゆく目の前の水平線から、

足元に伸びる様に光の道が出来ていた



その光の道を見つめる男達



光に向かって立っている、その背中・・・


素肌にまとったジャケットを脱ぎ

今、暮れてゆく赤い空に向かって、天高く投げた




その火照った空気を胸一杯に吸い込んで、男達はゆっくりと歩を進め


目を瞑って静かに息を長く吐く

その微笑んだ横顔を、赤く照らす様に染める光・・・


水平線から伸びた光の道を、一歩一歩・・・歩いて行く


自分に伸びる光の道を・・・遠くに赤く染まる水平線を目指して

静かに打ち寄せる波に身を任せる様に



遠くにも・・・

傍にも・・・


耳に届く波の音は、もう・・・届かない


その暗い夜空に変わった空を見る事無く・・・


深く沈む様に歩き続ける


Bless of . . . his loves with his deep breath  . . .


. . . . 深い彼の吐息と共に、深く彼と沈む様な、深い彼の愛を・・・






R Mandy -Resort collections for Spring and Summer ________________






・・・・・



・・・貴方の今の想像は?

私が想像したのは・・・



遠くに見える水平線に夕日が沈む瞬間

波の無い静かな海にできる光の道を見つめる


・・・アルマンディのモデル達


その中でも一番背の高い、黒髪が夕日の光に透けた時に

振り返らずに真っ直ぐその道を見て、やさしく微笑む横顔

白い砂のついた手で、髪をかき上げたら、

はらはらと顔の周りで落ちる砂の粒までもが、Jewelの様に輝いて

夕日に染まった砂の光は、ピンクの宝石の様に瞬いて



足元に寄せる小さな波間を、そのまま遠くまで臆する事無く歩を進めて行く

火照った体が波に鎮められながら、その海の中に消えてゆく・・・



そして・・・


夜が訪れて・・・


吐息が創った、空気の泡が・・・



遠く海面に昇って光の届かない海の中に沈む様に、愛に溺れても、その愛に微笑む・・・


・・・ 敦賀蓮 _________



目の前を通る蒼い熱帯魚に、キスをされて

両手を伸ばして捕まえようと・・・

するっと逃げた蒼い熱帯魚に彼の振り撒く微笑みが、

コポ、コポ・・・と一つずつ上に昇る、自分の吐息の泡に消されて. . . . . .



お休み・・・


蒼い熱帯魚にそう言った様で



今夜は、君との愛に深く沈み・・・

もう一度・・・体を、君と火照らすまで 

君を傍に感じながら、一緒に眠りにつきたい . . . __________




.

Love Letter from RT and CH