やっぱ気まぐれロック 7:20pm (ゲスト: 百瀬逸美)

Posted by 美海 * mimi on 04.2014 ON AIR
.






CMが開けようとしているときに、食後のお茶の準備と、百瀬さんの嫌いなものを準備していた。
今日は、揚げ物・・・

そう・・・

敦賀さん、いや、今は蓮と呼んでいるけれど、彼の大きな体の割にモデルの体型を維持するのに彼が避けているものだったので、簡単だった。

蓮は、年契約の初めに計られる全てのサイズを一年必ず死守しなければならない。
途中、痩せても太っても、顔の窶れや浮腫み、指のサイズに至るまで・・・サイズを変えてはいけない事は承知している。

俳優として、痩せたり太ったりしなければ成らない様な役の仕事は全てNG。
代マネの仕事を仰せつかった時に、その食事の管理の事は松島主任から聞かされていた。


(おっ! CM開けた?)

パチパチパチ・・・と拍手が観客席から聞えてきていた ________________




準備されていたテーブルに、ゴロゴロとカートを押して近づいた。


「 はい、それでは今日のゲスト。百瀬さん・・・」

「 揚げ物は、どれでしょう?」


「そうなんですよ・・・揚げ物が苦手なのは、美容のためと言うよりも油が多いと胸焼けが好きではなくて。 」


目の前の1番のお皿。鳥のから揚げ。


「 おっ!坊。すげ~な勇気いったろ、友達か? 」

「 くすっ。それじゃぁ、坊君のお友達に悪いけど、いただきますね。 」


カリッと音もよく、こんがり狐色。どうぞと差し出した自分の手羽と同じ、手羽先だった。


「 ん?あ、あれ? 揚げてる・・・の・・・?」

「 はいはい、じゃぁ、二番どうぞ、百瀬さん。」


次のお皿を・・・中で全く見えないのに微笑みながら、指差していた。
二番目のお皿。白身魚のフライ。タルタルではなく、カボスとお醤油で下味を付けてある。もみじおろしに見えるけど、ヒマラヤのピンクソルトで塩味の大根おろし。

「 あ~・・・サッパリしてる。いいかも・・・」
 
「 へ~、そうなんや~。あとでゴチになるさかいに。 」


んじゃ、んっじゃ、お次・・・と早く早く~と気分もよくなり、3番目のお皿をグイッっと百瀬さんの前に差し出した。その3番目のお皿、かき揚げ。

「 お肉とお魚だから、野菜が欲しかったんです。 」

と言ってくれる百瀬さんに、でしょでしょ?と、軽井沢ロケやら撮影中のカフェテリアでの、百瀬さんのチョイスを思い出していた。

にらとニンジン、それと、サトイモの千切り。薄くスライスしたレンコンで巻いたものだった。


「 なんか・・・面白い食感~。ポクポクとカリカリと、パリパリとシットリ・・・」


でしょ~。と思いつつ中で、そうなの、蓮の好きな かき揚げなの~。そこに鳥ひき肉のそぼろでお茶漬けとかね~。と、夜食を思い出してしまった。

ムフフフ・・・と笑っていながらも、お茶の為に後ろに引っ込んで行った。


「 それじゃぁ、CMを挟んで・・・」



.

Love Letter from RT and CH