To be my Grace - OTHER WORLD. XIV * REQUIEM IN THEATRE NOW

Posted by 美海 * mimi on 27.2014 To be my Grace * OTHER WORLD
mimi's Image music in ESCALA




“ REQUIEM for A tower ”


届かない天への 鎮魂歌









________ イギリスに密かに語り継がれる伝説があった




その伝説自体・・・



___________ 嘘 なのか


___________ 真実 なのか



伝説を紐解く学者達でさえも、恐れ戦き解明されること無く

寂びれ行く真相の、この伝説を・・・



口にした男が居た ____________




Jack Darrel ジャック・ダレル 25歳





I just reborn by my matrix is saying. . . I AM A RIPPING JACK 

俺の魂が言ってんだよな。切り裂きジャックの生まれ変わりだって・・・



その場に居た誰もに見せつけた・・・・






・・・・ I am A JUX _________







自らの手を血に染めながら・・・


その場で心臓をえぐり取り


持ち去ったジャックがその町から消えたのは言うまでも無い・・・



ヨーロッパ各国で同じ様に心臓を抉り取られる殺人事件が相次ぎ
ジャック・ダレルの名は・・・・


切り裂きのジャックではなく


新しい伝説の男として生まれた




インターポール・ブラックリスト・ナンバー ・・・ Twenty – One

通称 ブラック・ジャック





ジャックダレルが


田舎町に、似合わない


スーツを着込み続けた・・・


命の積み立て


その影を、隠す為に・・・




イギリスで5人。フランスで8人。ドイツで15人。イタリアで20人、そしてアメリカで50人

某国の要人は・・・何人殺されたのか・・・

影の人物が表に出ないように隠蔽されたのは言うまでも無く


それに・・・
ジャックが2回・・・



100の心臓から溢れる血潮に彩られるジャックの瞳


赤い瞳が見詰める・・・




新しい獲物を闇の中から

その瞳に映す・・・一瞬・・・




暗天の闇の空に


黒い雲が光る


雲の中に閉じ込めた


稲妻が走った黒い雲の影






ジャックの魂がその瞳に稲妻を走らせる


見詰める獲物に沈黙の高笑いを浴びせ


この世に執着する限り・・・・


復活を繰り返し


落ちるまで何度も光り轟かせる様に



何度も血潮を吹きあがらせて



赤く染める手を見詰める瞳





_________ そう、ジャックの生まれ変わり・・・・



何度も生まれ変わるのだろう・・・



それは、インターポールが、彼をブラック・ジャックと呼び続ける限り





2031年・・・




その新しいジャックが今ここに___________





暗闇の中に静かに佇む、黒装束

風が吹いても・・・

切り裂いた服の端が揺れている事すら

その黒の闇に溶け込んで見えない程で



その中に走る稲妻の映す影


一瞬の影の明かりが写す赤い・・・


二つの血の色





2回の復活を果たした、自らの死を映し出す様に



その二つの瞳が光るその男こそ・・・






__________ JACK IS STILL HERE ・・・ 





では・・・



Jack Darrel  のその前は



誰だったのだろう




The Jack of this generation


その時代に死神と恐れられ続け


その名も葬り去られ いつしか忘れ去られたのだろうか






ただ・・・



Jack 



その名であった事だけを



その心に残し



天から また舞い降りて来る



人は天への届かない 鎮魂歌を歌い続ける



その心ですら



追い求めて



復活を呼び覚ます



その歌を



その名の中に・・・





====== 21 STILL IN THEATRE …. “ Tragic Marker “ ======




J U X


ジャックと呼ぶ 




JUXTA. . .


並置


並び続ける Jack の名の下に・・・


・・・同じ魂の復活を


その天から・・・







闇夜に雷鳴が轟いた日・・・

もしも2つの赤を見てしまったら



いや・・・


その前に


速まり続ける心臓の鼓動を

貴方も消されてしまわない様に


どうか静けさの中の魂を

貴方の鼓動で、蘇らせ無い様に ___________ . . .









Love Letter from RT and CH