To be my Grace - XXXII * One More Love at Last . . .of LAST

Posted by 美海 * mimi on 23.2014 To be my Grace
.





ここでこんな会話が出来る一瞬を、どんなに自分は待ち焦がれていたのだろう・・・









遠い空を見詰め・・・



果てない想いをその空の中に見つけようと



想いは手の届かない儚い夢として



ただ自分が望む想いを



この空にいる希望と云う存在に手を伸ばしても



見えない存在の希望に捕まえては・・・



・・・もらえなくて









その一瞬は突然訪れたのではなく

ただその時が訪れただけ・・・・








何かを乞う想いを抱え



自分の想いを願ったら



想いが見えなくも儚いものでも



希望という存在に手をのばしたら



いつか自分を捕まえてくれると



信じた心が落胆しても



それでも彷徨い求めて向かった




同じ場所・・・










心の居場所









だったのだろう






その一瞬は突然訪れてのではなく、ただ自分に進む時が・・・


その 時 に自分が向かっていただけだと ______________









「  蒼い石、持ってきた? 」



「 うん。 」








________ その手を伸ばして ・・・・



あの時何かを乞うという同じ想いを抱えた者が信じる場所に手を伸ばした


光に翳すと色が変わる・・・


自らの行き場の無い想いを捕まえて欲しくて


希望 


それが訪れる時が早く訪れて欲しいと願うだけの


涙を流したら


言葉に出来ない強く望むものが


その空の存在に届いてくれると信じて





________ 目を瞑ると見えてくる ・・・・



自分の瞼の裏側に


溢れ出す煌きは、純真な心からの


純粋な願い


その涙に誓った


その純粋で透明な心の叫びが溢れてしまわない様に





この廻り逢えた運命に・・・


感謝を込めて


いくら手の伸ばしても、捕まえてはくれないと落胆したあの 時


自分の想いを受け止める希望に見放されたと思っていたあの 時



心に思い浮かべるのは・・・


目を瞑ったら見える


瞼の裏の涙ではなくて


真心を心に思い浮かべると勇気が湧いてくるようにと


その純粋で透明な心にも


この純粋で透明な心にも


優しく美しい存在として、その純粋な心の中に存在していて欲しいと


願っていた初めて心に感じた瞬間で・・・




________ ここに必ず帰ってくると誓う



果てない闇の心の中から遠くどこかに捕まえてくれる未来の 時 は廻って来ると


心の叫びは、背負うものが大きいと感じるのではなくて


ただ・・・


その事に誇りを靡かせ掲げるだけの


勇気を持って


ただ・・・


その想いに誇りを靡かせて心に掲げるだけの


勇気を心に進み行こうと


自分が望みに向かえる様に


ただ・・・


闇の中に見えないだけで


見えないものを見ようとする、見上げ続ける強い想いを


その心に持てたら


見上げ続ける希望に自分が目を開けて自分の瞳を向けるだけの


その 時 の訪れを待つのではなく追い求めるのでもなく


自らが進んで行く


見えないもの 希望は 探しても無駄なだけ


見えないもの 希望は 望として見えるものに


自分が創って進みゆく


その希望は、純粋で透明な心の中に存在しているのだろうと 





________ SO HERE . .


THE WHOLE LIFE OF INNOCENT . . . TO BE MY GRACE



その心の中に

この心の中に



自分が向かう、いつか訪れるその 時 を希望に


望に変えて見えるものへと自分が目を向けて手を伸ばして


心の中に美しく優しい希望の存在を望みに向かう


見上げた空に自分の想いを馳せたら






こうしてまた・・・





同じ想いを抱えた者が廻り遇って


偶然ではなく必然のその 時 が・・・


ただ また訪れただけ


自分が向かった望の先に


同じ心が向かった先が同じ場所であっただけ



心の中に溢れ出した・・・


透明で純粋な想いを


その瞼の裏に見る度に


透明で純粋な見えない希望を


その胸の中に掲げて


透明で純粋な見える望みに


廻り逢えたこの 時 なのかもしれないと


想いが届いた


想いに手を伸ばして捕まえてくれたと感じるだけの


訪れた瞬間の 時 




________ ANYHTING UNDER THE WORLD IN THE SKY HERE . . .




手を伸ばしたその空の下


心の闇の中に燻る想いを、目を開けて見詰めるだけ


心の中を研ぎ澄ませれば


目を開けた涙の中に浮かんでくる・・・



その望 ___________





________ SO HERE . . .


FROM FAR AWAY BEYOND BEAUTIFUL . . UNDER WORLD




純粋な心の闇は・・・


純粋な心に存在する闇は、美しく優しい存在として


純粋な心の闇は・・・


果てなく儚い想いで終わる事の無い、美しく優しい存在のものであったと


自分が向かう勇気を、その純粋な心に




このあれからの永久の先に感じたこの 時 が


自分に廻って来たと訪れを喜ぶべき事だったのだろう





時と共に変わる自分の大人としての世間に関わる常識に

純粋な心を奪われて

純真な闇の中に苦しんで

自分の見詰める先を失ってはいけないと

自分に言い聞かせられる

純粋な心の存在をもう一度思い出して



その手を伸ばして・・・・

この手を伸ばして・・・・



想いを残したその空を永遠に見詰め続けるだけの


真実の心でもう一度


どうか捕まえて欲しいと願う事が出来た自分の純粋な心に


気付くだけで美しく優しい存在が心の中に蘇る



その手を伸ばして・・・

この手を伸ばして・・・



捕まえて欲しいと願う



その場所は


自分の心の中



見えない闇の中にきっと・・・


浮かび上がる光の影と成って


心の中から煌きとなって溢れ出す


言葉の要らない感情がただ溢れるだけと


常識も理解も何も頭の中で考える事を必要としないで ただ・・


心の中から純粋に溢れ出しただけと、認める純真な心





届くと願ったら・・・きっと・・・



・・・いや届いて欲しいと伸ばし続けて



いつか


闇が


讃え起き喜びと変わり


優しく美しく輝く心





同じ想いを乞い続けたものたちが廻り逢って


優しく美しく輝きだした心を・・・


自分の居場所として



目を瞑ると見えるのでなく


目を開けて見詰め続けるだけ








この 時 がくる事をどんなに待ち焦がれていたのだろう・・・








この事を伝えられる 時 が来ることを



この純粋な闇の中にあったのだと心から感じて



その希望の想いをのせた空に手を伸ばして


その希望の光が色を変え


見えるものに見せてくれる 望 として __________ . . .






あの 時 からの未来の今は

この事を伝えられるこの 時 に 色を変えていたのかもしれない






お互いの居場所として


変わっただけ・・・


だったのかと


想いを今・・・


純粋な心で感じて







「 貴方からの私への一生消えない魔法・・・ 」



「 この心の中の存在と、涙を吸い取るのは・・・ 」





・・・心の中 __________







光に翳すと色が変わる・・・


でも2人の思い出は・・・




希望として色を変え、その望に目を向けて

見える事が出来る変化として





この思い出はその色変わって行く


美しく優しい存在の思い出として


純粋で透明に・・・


光り輝く思い出として


その光を心の中に


翳す光は心の中に


この2人の同じ乞うという想いの思い出は


お互いの歴史を刻み続ける色への変化





でも思い出は・・・


これからも決して色あせる事はなく


輝き続け色を変え続け


純粋で透明な光の様に


永遠に2人の心の中に輝いて






また



もっと輝く思い出に変わっていく 時 を




望み続け、目を開けて見えるものに




自分が変えようとその手を伸ばし続けて



お互いの心の中に輝き続ける思い出として



自分が創る思い出を



この純粋な心に想いとして



その純粋な心に思い出として



お互いの輝き続ける光の望の居場所として



お互いの純真な心の中に



お互いの純粋な心の居場所として



お互いの輝く想いと輝く希望をお互いの輝き続ける真心の中に・・・



永遠に色あせる事無い変わり続ける想いをのせて


永久の果てにある その 時 を


いつまでも追いかけたいと望み手を伸ばし続けて ___________









* * * * * * * * * * *


mimi’s world by mimi 美しい海の彼・方より
™ From far away beyond beautiful sea.



To be my Grace . . . One More Love

AT mimi’s world – 2 DREAM * White Night Version [ FIN ]



心の中の美しく優しい存在 もう1つの愛の形

美しい海の彼・方より 白夜の世界から
白夜の光の中に夢を見い出す国より 

心の中に優美な存在でいて欲しい物語 (おわり)















あれから、キョーコのお母さんと約束の時間に行った。
たった5分だけという、物凄く短い時間だったけれど、彼女のお母さんにずっと抱かれていた子供。
彼女のお母さんの腕の中で、きゃっきゃはしゃいでいた子供は・・・

抱きついて・・・


『 まま・・ 』  って・・・


彼女の代わりに言っていた。




素直な喜び その心からの




希望が望に変わり

望は希望を・・・

その心に癒して・・・・・




この帰り、車のドアを彼女に開けた時、言葉の無い涙をこの胸とこの心に受け止めた。







hidden ring in the sky of brilliant Heart©











At . . . last of LAST continued to..................




To be my Grace - One More Love


Plus ONE One More Love * UNDER WORLDs





OR ............................


To be my Grace - One More Love . . .at Last

△ HOPE and DEISIRE version.△






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Story by 美海*mimi Copyright by ™美しい海の彼・方より © mimi’s world All Rights Reserved.

Alls Copyright © ™ From far away beyond beautiful sea. All Rights Reserved.
All Images & Arts Edited and Created by mimi ™ From far away beyond beautiful sea.Copyright © ILD.fbs A&C under h-llc (USA) All Rights Reserved.












Love Letter from RT and CH