CM* 缶コーヒー 同僚編-1

Posted by 美海 * mimi on 01.2014 CM
CM


_______ カチャ・・・





・・・ とある高層ビルの会議室


ブラインドの閉まった大きな窓のある部屋で、書類を纏める男が一人


ふ~・・・


嬉しい溜息と共にやり遂げた事を実感しながら、グラフの書かれたホワイトボードを消していると、背中をこつんと突付かれた。


お疲れ。
・・・はい。


振り返ると・・・
ブラインドの隙間から漏れる夕日を背負った、柔らかい微笑を携えた同僚。


あぁ。


差しだされた白い缶コーヒーに手を伸ばし受け取ろうとすると、缶コーヒーを放してくれない。


なんだよ。


顔を睨んで、どうしたいんだ?と、首を傾げて訴えると、目の前にもう一つの色違いの缶コーヒー。


ふふっ。
どっちが好き?


目の前にもう一つ、反対の手から差し出されたブラック・黒い缶コーヒー。

ふっと顔をほころばせて、一つをがっと奪った。



そう・・・
俺も、こっちの白いプランの方が

・・・よかったと思うよ。



横長の折りたたみテーブルの上に座りながらジャケットを脱いで、ポンと椅子に放りなげた。

目の前のホワイトボードの二つの円グラフ・・・

黒い方を、コーヒーを飲みながら消した。



二人で顔を見合わせて微笑み合い、だろ? そうだよね・・・上司はさ・・・

と、会話が切れながら、ブラインドから漏れるオレンジ色の夕日の光は、どんどん暗くなって行く・・・




_______ 貴方の好みはどちらですか?



白い缶の缶コーヒー、甘みを抑えたカフェラテ

黒い缶の缶コーヒー、苦味を抑えたブラック・無糖・・・・





・・・・・・・・・・



_______ 貴方の好みはどちらですか?



白っぽいクリーム色のネクタイをした・・・ カフェラテを選んだ、貴島秀人


黒っぽい細かいドットの入ったネクタイをした・・・ 

ネクタイを緩めて、髪をかき上げ、瞑っていた目を開けてカメラに微笑む・・・



・・・敦賀蓮


.


Love Letter from RT and CH